『 樵のわけ前 1117 』 弱アルカリ天然水

ミネラルウォーター 『 樵のわけ前 1117 』 に関する情報です。

『 樵(きこり)のわけ前 1117 』は、水の硬度が 2.0 mg/L という超軟水の、弱アルカリ天然水です。ネーミングの 1117 というのは、この 樵(きこり)のわけ前 が地下 1,117 メートルから汲み上げられていることから付けられています。

温泉水 『 樵のわけ前 1117 』

温泉水 『 樵のわけ前 1117 』

モンドセレクション最高金賞受賞のおいしい水 『 樵のわけ前 1117 』

普段飲む水としてはもちろん、お茶やコーヒーを淹れるときの水として、ご飯を炊くときなど料理をするときの水としても使え、とてもまろやかでおいしいと好評のミネラルウォーターです。国際的な食品コンクールに出品され、モンドセレクションの最高金賞なども受賞していて、そのおいしさは世界で認められています。

特長としては、次のことが挙げられます。

  • 水溶性の天然ゲルマニウムがたっぷり含まれていること
  • 酸化還元電位が低くクラスターが小さいこと
  • 硬度が 2.0 の超軟水で非常にまろやかであること

このように、飲みやすさだけでなく、人間の体にとてもやさしい水であることがわかります。また、水の大きさを測るNMR法での『 樵のわけ前 1117 』の分析値は、クラスターを示す値が54.9 Hz (20 ℃)。通常の水道水が130 Hz (20 ℃)ほどあり、しかも水が液体である限界が54.0 Hz (20 ℃)です。ですから、いかにクラスターが小さいのかが分かります。

安全、安心の衛生管理

無菌の水がそのままボトリングされています。また定期的に水質検査することにより、安全で、安心な水の提供が可能です。製品の46 項目検査、原水18 項目検査、製造ロット毎の一般細菌検査のほか、専門家 第三者機関による検査などにより、安全面、衛生面での安心度が高いのです。

『 樵のわけ前 1117 』は採水地でのこだわったボトリングで源泉に近い味

商品名の由来元でもある、地下 1,117 m から汲み上げた無菌の天然水『 樵(きこり)のわけ前 1117 』。製造工場が採水地に設けられ、工場直下の地下 1,117 m から汲み上げられているというから驚きです。採水には腐食に強いステンレスパイプが使用されていて、さらに、その周囲を二重構造にして雑菌の進入がシャットアウトされています。
殺菌に薬品等は一切使用されていなくて、高温充填(85 ℃以上)のボトリングで100 ℃以下の沸点を超えない管理のため、消費者のもとへは源泉に近い味で届けられます。

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料 温泉水
採水地 鹿児島県垂水市南松原
栄養成分/ 100 ml あたり
  • カルシウム( 0.06 mg )
  • マグネシウム( 0.01 mg )
  • カリウム( 0.07 mg )
  • ナトリウム( 4.85 mg )
  • 硬度( 2.0 )
  • pH ( 8.8 )

国産のミネラルウォーター 超軟水一覧(硬度 0 ~ 50 )
九州・沖縄のミネラルウォーター 一覧はこちら