阿蘇の宮水

「阿蘇の宮水」は、世界一のカルデラ(火山活動によってできた大きく窪んだ地形)を持つ阿蘇山に降った雨や雪が数百年かけて安山岩層でろ過されてできた、ナチュラルミネラルウォーターです。地下200メートルの天然バナジウムを含有していて、バナジウムは100mlあたりに1.7ug含まれています。

カルシウムを比較的多く含んでいて、ほのかな甘みを感じるソフトな口あたりの水です。コーヒーや紅茶、料理での利用に向いています。また、カリウムを多く含んでいるので、細胞内の水分の代謝がスムーズになります。PH値は7.2ですが、これは人間の体液7.35~7.45にとても近い数値であり体の酸化を防ぎます。スポーツの後のミネラル補給にも適しています。

こちらで紹介しているのは10リットルタンクですが、ペットボトル入りも販売されています。

□名称 ナチュラルミネラルウォーター
□原材料 深井戸水
□採水地 熊本県阿蘇市の宮町
栄養成分/100mlあたり
  • カルシウム(2.8mg)
  • マグネシウム(1.0mg)
  • カリウム(0.41mg)
  • ナトリウム(1.1mg)
  • 硬度(110)軟水
  • pH(7.2)

阿蘇の宮水 の詳細、購入はこちら。

阿蘇の宮水は現在在庫がありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください