水の知識」カテゴリーアーカイブ

日本の水道水も危険?

日本の水道水も汚染が進んでいるといわれています。自分の健康を守るために、水道水の善し悪しも見分けていく必要があるのです。
水道水からカルキ臭がしたり、カビ臭いということはありませんか?
それには様々な原因が考えられます。
消毒用の塩素、水源となる河川の生活排水による汚染、配水管やマンション受水水槽の汚れ、水道管に付着した赤サビなどが代表的なものになります。
水源となるダムや河川で異常発生したコケやアオコなどの藍藻類がカビ臭物質をつくることによって水道水はドブ臭くなったり、カビ臭くなったりします。
藍藻類は本来、水をキレイにする力を持っていますが、生活排水の流入などによって水中に栄養となるリンや窒素が増えると、過剰の増殖してしまって生態系のバランスが崩れます。
ここからジオスミンやメチルイソボネオールなどの有機物が発生し臭い原因をつくるのです。
あなたの家の水道水の臭いは大丈夫でしょうか?
水道水は塩素による殺菌が必要で、残留塩素の濃度が高い時に臭います。くみ置きや浄水器を利用することでカルキ臭を取り除くことができます。
 → ピッチャータイプの浄水器の浄水性能を徹底比較

日本の水道水の水質基準は、世界的にみても大変厳しく管理されています。なかでも大腸菌に関しては、「飲料水中に大腸菌は絶対に検出されていはいけない」と決められています。
これに対しアメリカやヨーロッパでは、「飲料水中の大腸菌の混入は、100回の検査に対して5回以内なら許される」といった程度にとどまっています。
厳しい日本の基準が、高濃度塩素による人体への影響で問題を引き起こしているのです。
日本の水道水は安全なのか?については疑問が残るようになりました。
塩素は、皮膚や粘膜に何らかの障害を引き起こすことがあるのです。
また混入した汚染物質と塩素が結合して、発ガン性のあるトリハメロメタンなどの有害物質をつくり、配管の接着剤などが水道水に溶けだしている場合が考えられるのです。

 

安全なミネラルウォーターを飲みたい

超軟水の「桜島 活泉水」は極めて高いアルカリ度を誇る温泉水で、普通の水はpH(ペーハー)が7前後の中性ですが、活泉水はpHが8.8~9.5もあります。まさに身体から毒素を排出し、浄化するのに最適な水です。さらに活泉水は、強力な酸化還元力・抗酸化力を有し、身体を酸化(サビ)させにくくします。
赤ちゃんの粉ミルクの割り湯や、白湯におすすめ。
粉ミルクはミネラル調整されています。このミネラルを壊さないようバランスを保つために、硬水より軟水が安全なのです。

健康にいい水、美容にいい水 の条件とは

私たちが生きていくうえで必要不可欠な水ですが、 健康にいい水、美容にいい水 とはどんな水なのかに関する情報です。

ミネラルウォーター 健康にいい水、美容にいい水

ミネラルウォーター 健康にいい水、美容にいい水

体にとっていい水の条件 健康にいい水、美容にいい水 とはどんな水?

人の体にいい水の条件というのは様々ですが、基本的には次のような条件があります。

  • 海と同じミネラルバランスであること
  • クラスター( 水分子 )が小さいこと
  • 酸化還元電位が低い水であること
  • 有害物質を含まず安全な水であること

海水と同等のミネラルバランス

いい水の条件のひとつに含有ミネラルのバランスがいいことが挙げられます。理想は海水と同等のミネラルバランスです。

私たちの体に栄養素として欠かせないミネラル( 必須ミネラル )は 16 種類あります。ミネラルとは体を生成する元素で、そのうち、炭素、水素、酸素、窒素を除いたものを総称してミネラルといいます。

海に囲まれた日本では、かつては海産物からミネラルを摂取していましたが、食生活の変化から、今では慢性的なミネラル不足状態になっています。
地球上の生命体は「原子海洋」の中で生まれ、何億年という時の中で少しずつ進化を繰り返し、一部は海から陸へとあがりそこで命を育むまでに至りました。すべての生命体の根元は海の中にあり、人間は体の中に海を持っているのです。それは、血液中のミネラルの組成が海水とほとんど同じことが示しています。血液から血球成分を取り除いた残りの成分であるカルシウム、カリウム、ナトリウムなどの比率が海水とほとんど同じなのです。

海水はとても塩辛く塩分が高い水ですが、もし人体に含まれるミネラル濃度が海水よりも低かったとしたら海水浴をしている間に体から水分がぬけていってしまうことになります。人間の体は 6~7 割が水ですが、海もまた地球の約 7 割を占めています。生命を誕生させた海のミネラルバランスは、人間の体にとっても神秘的にリンクしているようです。

にきびや宿便などの原因はミネラルのアンバランス

細胞の中にあるカリウムは細胞の外にあるナトリウムとのバランスによって、神経の伝達や血圧の上げ下げをおこなっています。また、カリウムは、筋肉が働くためのエネルギーをつくります。カリウムの欠乏は、血圧上昇、筋肉疲労、不整脈、腸活動の不調、糖尿病などの原因になります。美肌の天敵、にきびや吹き出ものはカリウムの不足の原因である場合があります。カリウムを十分に摂取することにより便秘、宿便、体臭などが改善されます。

体にいい水の条件 | 有害物質を含まない安全な水

体にいい水の条件 のひとつ、 有害物質を含まない安全な水 に関する情報です。

良い水の条件として最終的に一番重要視したいのが有害物質を含まない安全な水であるかということです。
今の水道水は塩素や鉛、水銀などの有害物質に汚染されており、井戸水にすら土壌に汚染された化学物質が浸透しており安全と言えません。
湧き水にも疑問が残ります。浄水器にさえカビや細胞の繁殖を抑えることができないと言われています。
汚れた水を飲み続けることによる害は、体内に少しずつ蓄積された有害物質により正常な水の代謝が行われなくなることです。
人間の体はもともと水を吸収し有害物質や老廃物を水と一緒に排泄されますが、過剰な有害物質はリンパ系、腎臓、腸などへの負担を大きくしてしまいます。
また、こういった有害物質がADHDやアルツハイマーとの関係を指摘する人もいます。
有害物質を含まない、安全な水を飲むことが健康を維持する最低部分の心がけと考えてもいいでしょう。

体の中を巡る水分

脂肪と混ざり合ってしまった有害物質は汗として排泄されます。

髪の毛

体内の有害金属が排泄される場所。髪の毛を調べると体がどの程度、汚染されているかわかります。

リンパ

体中をめぐり、体内にとどまっている有害金属や老廃物などを回収します。

腎臓

老廃物を溶かし、尿として体外に排出するために水分を必要とします。

水分が不足することにより便は硬くなり排泄しにくくなります。からだに不要なものがいつまで残ってしまいます。

体内に取り込まれた有害金属がたまる場所です。

皮膚

体内で不要になった物質は垢となり常に剥がれ落ちていきます。
体に吸収されやすく排泄能力がアップする国産の海洋深層水はこちら

体にいい水の条件 | クラスターが小さい水

クラスターとは?

健康にいい水、おいしい水の宣伝にはよく「クラスターが小さい水」というコピーを目にします。主に「クラスターの小さい水は体内で吸収されやすく、新陳代謝をより活発にする」という理由が書かれています。

いい水であることの条件にクラスターが小さいことが挙げられます。クラスターとは、「房・束・群」などを意味する言葉です。水の分子がいくつか集まって、ぶどうの房のように固まったものが水のクラスターと呼ばれます。

何がいいかというと小さいクラスターの水であればあるほど細胞に水を効率よく採り入れやすくなるのです。浸透を高めるために、化粧水にもクラスターの小さい水が使われていることからもクラスターの小さいことの意味がわかります。

水(ミネラルウォーター)を飲むとトイレが近くなったり、むくみやすいなどの症状が出る場合にも冷え以外に気をつけることは、クラスターの小さい水(ミネラルウォーター)を飲み、体に吸収されるようにすることが大切です。吸収される前に排泄されてしまう…いわゆる水が素通りしていしまっている場合は水補給にもなりませんし、よい水を飲んでいても効果を感じられないでしょう。

しかし、水(ミネラルウォーター)の分子はお互いがくっつきやすい性質を持っているので、大きなクラスターを形成しやすく、水(ミネラルウォーター)を沸騰させるだけでもクラスターは大きくなります。
もともと水道水のクラスターは大きいので沸騰させてしまうと吸収力が落ちてしまいます。

深層水

クラスターの小さい水の代表的なものは、深層水です。水道水のクラスターが10のマイナス4乗であるのに対して海洋深層水は10のマイナス12乗と非常に小さいものです。
海洋深層水の体への吸収力は高いものだといえます。

活泉水もクラスターが小さい水

九州地方の「桜島 活泉水」は、水の粒子(クラスター)が小さいので、カラダへグングン浸透していきます。水の粒子が、一般的なミネラルウォーターの2分の1以下ですからおすすめの水です。
活泉水は、現代人の酸性になりがちなカラダにpH8.8~9.5というキャベツやリンゴ並みの高いアルカリ度でアルカリ性にします。

体にいい水の条件 | 海と同等のミネラルバランス

いい水、いいミネラルウォーターの条件のひとつに含有ミネラルのバランスがいいこと、つまり海と同等のミネラルバランスが挙げられます。ミネラルというと水の硬度をイメージしがちですが、水の硬度はカルシウムとマグネシウムの含有量だけで決まりますから硬度ばかりを気にしていても仕方ありません。大切なのは必須ミネラルをバランスよく摂取することです。
ミネラルは多い順に

  • カルシウム
  • リン
  • カリウム
  • 硫黄
  • ナトリウム
  • 塩素
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • セレン
  • マンガン
  • ヨウ素
  • モリブデン
  • コバルト
  • クロム

などがあります。
これらは必須元素と呼ばれ生命の維持には欠かせないものとなっています。
人間の体は、主要元素と呼ばれる

  • 炭素
  • 水素
  • 酸素
  • 窒素

でその9割以上が構成されています。ミネラルとは残りの数パーセントの成分の総称です。
海に囲まれた日本では、かつては海産物からミネラルを摂取していましたが、食生活の変化から今では、慢性的なミネラル不足状態になっています。
地球上の生命体は「原子海洋」の中で生まれ、何億年という時の中で少しずつ進化を繰り返し、一部は海から陸へとあがりそこで命を育むまでに至りました。
すべて生命体の根元は海の中にあり人間は体の中に海を持っているのです。
それは、血液中のミネラルの組成が海水とほとんど同じことが示しています。血液から血球成分を取り除いた残りの成分である

  • カルシウム
  • カリウム
  • ナトリウム

などの比率が海水とほとんど同じなのです。
海水はとてもしょっぱく塩分が高い水ですが、もし人体に含まれるミネラル濃度が海水よりも低かったとしたら海水浴をしている間に体から水分がぬけていってしまうことになります。
人間の体は6割が水ですが、海もまた地球の約7割を占めています。
生命を誕生させた海のミネラルバランスは、人間の体にとっても神秘的にリンクしているようです。