水の知識」カテゴリーアーカイブ

体の不調の改善に効果的、健康や美容によい水についてなど、知っているとお得な情報。

体にいい水の条件 | 酸化還元力の高い水

体にいい水の条件 のひとつ、 酸化還元力の高い水 に関する情報です。

体にいい水の条件

体にいい水の条件  酸化還元力の高い水

酸化還元力の高い水 はアンチエイジングに活用できる

良い水(ミネラルウォーター)の条件のひとつとして 酸化還元力 が高いことがあげられます。
「 酸化 」とは老化するということで、酸化しなければ野菜なども鮮度を長く保つことができます。ご存知のとおり、現代社会の中で、人々は緊張やイライラなどのプラスイオンの悪影響を受け過剰な活性酸素によって酸化の危険性が増加しています。

「 還元 」とは酸化に相反する反応です。体内の酸素が増えると体は酸化しますが、これは細胞の老化ともいえます。反対に還元がおこなわれると水素が増え細胞がイキイキと活性化するのです。

たとえば、鉄は酸化するとさびつき、食物は酸化すると腐ります。一般的に酸化というのは酸素と融合することですが、人間の体の酸化は、さまざまな病気などの原因となります。また、肌の酸化では、女性が気になる くすみやシミの原因となります。こういった酸化を防ぐのが 酸化還元力 で、アンチエイジング対策に良いです。

酸素 + 鉄 = 酸化鉄 ( さび ) → 酸化鉄 + 水素 = 還元
こういった図式を見ると酸化と還元が対の関係にあるのがよくわかります。

このように、酸化とは酸素と結びつくことで、還元とは水素と結びつくことですが、化学的な説明をすると、酸化は物質が電子を失いエネルギーを失うことで、還元は物質が電子をもらいエネルギーを蓄えることです。ですから、酸化還元力とは酸化したものを還元し酸化を防ぐ力のことで、「 さび 」をとり、細胞を若返らせるのです。

酸化還元電位は低いほど還元させる力が高い

活性酸素も酸化を引き起こします。人間が生きていく上で、酸素は必要不可欠です。しかし、呼吸から体にとりいれられる酸素のうち 2 % 程度は体内で活性酸素となり、活性酸素が増えすぎると正常な細胞まで破壊します。活性酸素は脂肪やタンパク質などと反応して過酸化脂肪をつくり、細胞を直接、もしくは間接的に傷つけてしまいます。さらに、活性酸素は動脈硬化を原因とする心臓病、脳卒中、糖尿病、肥満、高血圧症などの生活習慣病、ガンの原因にまでなってしまうのです。
酸化還元電位の低い水 は、酸化を防ぎます。

酸化還元力をあらわすものに、酸化還元反応において酸素や水素がそれぞれどの程度の活動力があるかをあらわす 酸化還元電位 ( mV )というものがあります。電位の数値が高いほど酸化させる力が強く、低ければ還元させる力が高いのです。一般的に理想的な飲み水の酸化還元電位は 250 mV 以下ですが、日本の水道水は、だいたい 500 ~ 700 mV と非常に高くなります。

酸化還元電位が低いミネラルウォーター 『 奥飛騨原水 』はこちら

国産ミネラルウォーター の安全性について

国産ミネラルウォーター の安全性に関する情報です。

国産ミネラルウォーター は安全性が高い といわれていますが、それは本当に信頼できる情報でしょうか? ミネラルウォーターの安全性間違いだらけのミネラルウォーターの知識でも述べたように、ミネラルウォーターの安全性が脅かされている現状に消費者としてはまだ不安があります。

まずは、ミネラルウォーターを販売するメーカーが増えたことです。ミネラルウォーターを販売するメーカーが一気に増加したために、悪どい業者になると源水を都心の住宅地のすぐそばから採水しているなどというような、考えられないニュースもありました。

国産ミネラルウォーター の安全性は?

国産ミネラルウォーター は安全?

それから、大量に廃棄されるペットボトルについても環境汚染であることには変わりありません。 1997 年にメーカーや容器利用業者に対して容器のリサイクルを義務づけた「容器リサイクル法」が施工されてはいますが、実際に隅々までこの法律が実施されているかは疑問が残るところです。

また、店頭に並ぶミネラルウォーター自体にも問題が発生しました。

  • 水が濁っている
  • 糸状の異物が混入している
  • 亜硝酸の混入がある

などで回収されるというトラブルが発生しました。

フランスの有名メーカーのミネラルウォーターでも、異物の混入が確認され回収になったことが大きなニュースとなりました。現代のように環境破壊がすすんでしまった社会では、地下にある水脈だから安心だという方程式は崩れてしまっているのです。

国産のミネラルウォーターは、加熱・ろ過などで殺菌( 除菌 )されてから販売されています。
昔からよく言われている「生水は危険」という感覚と、農林水産省の品質表示ガイドラインに基づいているのです。

一方、海外のミネラルウォーターに目を向けてみると、海外産のミネラルウォーターは、無殺菌のままボトリングされ販売されています。その代わりボトル内の生菌の数は厳しく制限されていて、これは、自然のままの水を飲む=自然のままの生菌を身体にとり入れる、という考え方なのです。

水は毎日飲むものと考えると、そのおいしさも重要なポイントになるのですが、飲みやすさに関しては、海外産のミネラルウォーターは硬度の高い水が多く、国産のミネラルウォーターは硬度が低く非常にまろやかで飲みやすくなっています。

本サイトでおすすめしている国産のミネラルウォーターは、次のように分類されています。

水にも体に合う合わないがある はこちら

水分摂取に関するよくある「Q&A」 上手な水分の摂り方 はこちら

世界でも有名な奇跡の水の本当のこと|高濃度1.2ppm以上の水素水

水やミネラルウォーター について調べると、お決まりのように出てくるのが、
「この水を飲むだけで病気が治る」
「アトピーが治る」
「不妊が治る」
といった世界各地の湧き水の存在です。

  • メキシコのトラテコの水
  • フランスのルルドの水
  • ドイツのノルデナウの水

などがそれです。
日本各地にもそういった天然水や温泉水が存在しますが、日本の場合、名水百選と呼ばれているものが多いようです。

  • 日本名水百選「龍泉洞の水」
  • 日本名水百選「阿蘇白川水源」
  • 日本名水百選「わかさ(若狭)瓜割の水」
  • などが代表的なものです。

    話を戻しますが、世界にある奇跡の水には世界中の人がそういった水を求めて集まってきます。この水の「奇跡」と呼ばれる所以は一体なんなのでしょう?
    実際、九州大学ではこれらの水について詳しく調べられたことがあります。
    結果、ミネラル分などの含有量は普通の湧き水と大差はありませんでしたが、多量の活性水素がとけ込んでいる活性水素水であること、さらに酸化還元力が高いことが発見されました。
    そう、奇跡の水の正体は、活性水素と酸化還元力だったのです。

    活性水素水

    活性水素水

    活性水素を含む水素水

    通常、水を電気分解すると陰極側に「電解還元水」と呼ばれる水が生成されます。電解還元水に含まれる活性水素は、生活習慣病をはじめとする様々な病気や老化の原因と考えられる活性酸素をなくす働きがあるものをいいます。

    科学的根拠が薄くきちんとした説明がつかない状況であり、議論もわかれるところですが、水素は通常、2 つの水素原子が結合して水素分子の形で存在します。しかし、ごく希に原子のままのものがみられます。これが活性水素で、この活性水素を含んだ活性水素水は特定の自然環境から生まれるとても貴重な水です。また、活性水素水は電気的に非常に不安定ですので、時間的経過や空気にふれたり加熱したりすることによって安定した水素分子の形に戻そうとします。つまり、活性水素水は保存が困難なのです。

    同時に奇跡の水の特性である水の酸化還元力は、酸化還元電位の数値が低いほうが酸化還元力が高いのですが、これを求めているのは水素の溶存量です。
    水素は軽く、物質を透過するので、今、仮にある酸化還元電位の低い水も時間経過と共に普通の水に戻ってしまいます。各地に存在する奇跡の水も同様に、取水した時はマイナスでも時間の経過と共にプラスに転じます。つまり、本来は水源の水を水源地で飲む以外には、活性水素水を体に摂取することは、不可能なのです。

    ところが、最近では、高濃度 1.2 ppm 以上の水素水が最短10 分で生成可能!(500ml の場合)になったのです。さらに!なんと、30 分間の吸入で、”水素水780 リットル飲用相当”の水素を体内に取り込むことが可能です。高濃度の水素水が生成できると健康と若さをいつでも手に入れることができるのです。

    活性水素水を簡単に飲むならこちら

    水素水作成キット 「 セブンウォーター エクストラ 」はこちら

    高濃度1.2ppm以上の水素水が最短10分で生成可能な「 ハイドロフィクス 」