水分摂取は回数、温度、量にこだわる

一般成人の場合、1日に必要とされる水の量は体重1kgにつき、50mlとされています。体重50kgの人で2.5L。このうち、約1Lは食物中に含まれる水分で摂取することができます。
また、体内でエネルギーが作られるときもにもいくらかの水分が発生します。
差し引きで1Lが1日に必要とされる最低量というわけです。
ここでその1日1Lの水分摂取について工夫すべき点をまとめています。

食事中は水を飲まない

これは、胃液を濃い状態に保つために大切なことです。

塩分は必要量しっかり摂る

胃液というのは、塩酸です。塩酸というのは、食塩が材料となっています。つまり塩分が少ないと胃液が薄まってしまうのです。胃液が薄いと胃の働きも弱くなって菌などが入ったときに死なないのです。O-157とか、腸炎ビブリオとか、食中毒にかかりやすくなるのです。
世の中は減塩ブームですが、過度な減塩はイコール健康ではないのです。
塩分が少ないと水分も摂取できません。

水分摂取を常に意識する

ひと昔前は、運動中などは水分を摂取すると、疲労がたまる。などと言って運動中には水分摂取を控えました。ところが、現在は発汗した量と同量、水分摂取します。
かなり激しい発汗で約1L、寝ている間の発汗で約300mlの水分が失われます。また下痢や嘔吐をした場合も水分補給が大切です。
それから、体に害のあるものやもともとよくないものを飲食したときには、多めの水を飲む。お酒を1合飲んだら、10時間以内に水を3合くらい飲んでおく。甘いお菓子などを食べたあとにも7時間以内に多めの水を飲んでおくことが害を最小限にすることができるんです。

体が冷えるので水の摂取は控えた方がいいと耳にするけれど…その真実は?

最近、現代人は冷えるで体温が下がって抵抗力が落ちたり、免疫力が落ちる…などの理由から水分摂取を敬遠する情報を時々目にしますが、水は常温で飲めば体を冷やしませんし、血液をさらさらにするためにはやや多めの水分が体には必須です。
脱水気味の血液はねばねばしているのでドロドロです。脱水症状が危険というのは血液に水分が不足している状態です。
体が冷えることと、飲む水分量とはわけて考えなければいけません。
体を冷やさないように水分をしっかり体に取り込むには常温の水を何回かに分けて飲むことです。
水分摂取の際にどうせ飲むなら体によく浸透する水がいいのは言うまでもありません。
活泉水がおすすめです。日本人の体質にあった軟水でとてもおいしいので続けることができます。体の6~7割は水分ですので水にこだわる健康法が一番自然です。

お酒好きの人は飲む前に水を十分に飲む

お酒を飲んだり甘いものを食べた後に飲むミネラルウォーターは海洋深層水が最適
アルコールは肝臓で分解されるときにアセトアルデヒドという毒性の強い物質を生みだし、これが悪い酔いや二日酔いの原因となる。また、砂糖は体内で分解されてエネルギーになる過程でカルシウムを奪います。アルコールや砂糖が分解される頃合いを見計らって水を多めに飲んでおけば、これらの害は防ぐことが出来ます。

水分の上手なとりかた

水の飲むタイミング 食事中は飲まない
飲む量 1回にコップ半分が理想
飲む回数 30分に1回が理想
飲む温度 体温の半分の18度程度
水と一緒に塩分も 減塩すぎは、水が飲めなくなるため必要量はとる


This entry was posted in もっと健康になるために.