大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出

健康食品、サプリ…などの摂取を少しストップさせて自分の体の余分な老廃物を排泄して免疫力をあげていく方法を紹介していますが、使うのはミネラルウォーター(アルカリイオン水≪桜島活泉水≫
)だけです。驚くほど体調の変化を感じることができます。
桜島 活泉水は、今なお活発な活動を続ける鹿児島県桜島の火山層地地下700mからくみ出される温泉水で昔から「万病に効く温泉水」として地元の人々から重宝されてきました。

現代人の体は毒素まみれ

「健康ブーム」がきっかけとなって世の中にはいいのか悪いのかよくわからない情報もたくさん溢れてしまっています。本当に必要な栄養素、そして薬、サプリメント、健康食品どれが体のためになるのでしょうか?
ついつい「体に摂取するもの」ばかりを選ぶ癖がついてしまっていますが、現代人に必要なのは「体内の余分なものをきちんと出す」ことです。
現代人は、むしろ「食べ過ぎ」「摂りすぎ」傾向です。それもワークスタイルやライフスタイルが夜型で、夜遅くに食べるので体へのダメージはかなり大きいでしょう。

私たちの体には、たくさんの不要物が存在しています。食品添加物や、水道水に含まれる消毒剤、野菜などに残った残留農薬など。まだまだあげればキリがないほどの不要物が体に取り込まれてしまっているはずです。
これらひとつひとつは微量でも、塵も積もれば山となり、やがては体に悪影響を及ぼしかねません。プチ断食をして体調がよくなったので、本格的に断食を行ってみたら、顔や頭にできるぶつぶつが消えた…という体験談をよく耳にします。糖質を制限したら頭皮のぶつぶつが消えたなど…こうした体験談は目から鱗のように思いますが、ごくごく自然なことです。

また、燃焼されずに残った脂肪や、溜め込まれた便なども、健康を損ねる要因となる不要物、いわゆる「毒素」といってよいでしょう。汗をかく、涙や唾液を流す、息を吐く、尿や便を出すなどの働きは、これらの毒素を体から排出するための「浄化システム」です。正常に動かなければ毒素が蓄積し、便秘や肌荒れといったトラブルが生じやすくなります。

免疫力は落ち込み、病気にかかりがちで、治りにくい身体に。老化の進行も早まってしまいます。反対に浄化システムが正しく働けば、不調は自ずと解消されます。つまり、健康を保って長生きする秘訣は、何かを摂ることではなく、「いかにして出すか」なのです。

なお、上手に「出す」方法として最も簡単で有効な手段が、アルカリ度の高い良質な水を摂取すること。高アルカリの水は、利尿、発汗、排便、解毒、解熱、希釈などの働きをスムーズに維持してくれる働きがあると判明しているからです。
過剰に摂りすぎていた栄養を抑えてアルカリ度の高い排泄力の高い水で体はキレイにすることができるのです。とてもシンプルです。

毒素を排出!身体を健康にしてくれる活泉水

鹿児島県の桜島から採取されるアルカリイオン水≪桜島活泉水≫
は極めて高いアルカリ度を誇る温泉水で、普通の水はpH(ペーハー)が7前後の中性ですが、活泉水はpHが8.8~9.5もあります。

まさに身体から毒素を排出し、浄化するのに最適な水です。さらに活泉水は、強力な酸化還元力・抗酸化力を有し、身体を酸化(サビ)させにくくします。

すなわち、老化や病気に負けない健康的な身体づくりにも最適なのです若さを保つことができるのです。また、活泉水は「油を溶かす」という珍しい性質を持っています。つまり、身体や血液に蓄積した脂肪分を排出する効果もあるということです。
加えて、ミネラルが体液に近いバランスで含まれているため、飲みやすく口当たりのよい超軟水であるなどの長所を備えています。

特筆すべきは、活泉水が、活性酸素の発生抑制、基礎代謝量のアップ、血糖値の抑制などの効能を大学の研究によって証明している点です。活泉水は安心・安全な国産の天然水でありながら、優れた性質や効能・作用を持つ、稀有な水なのです。

飲むだけで便秘改善や美肌に効果

人間の身体は、大人が60%、子どもは70% を水分が占めています。「よい水を摂る=よい身体をつくる」と言えるでしょう。サプリや健康食品の前に体の6割をも占める水をよいものを選ぶことが当たり前なのです。

なお、加齢とともに体内へ水分を保つ働きは低下し、それに従って身体の機能も衰えていきます。つまり、若い人はもちろん、年齢を重ねた方は、より水分補給を真剣に求められるのです。活泉水を摂取すると、身体がどんどん変化していきます。
事実、愛飲者の方からはガンコな便秘が解消した、自然にダイエットできた、美肌になったなどの喜びの声が多数届いています。

栄養成分(100ml)
  • ナトリウム(10.71mg)
  • カリウム(0.27mg)
  • カルシウム(0.27mg)
  • マグネシウム(0.018mg)
  • ケイ素(1.17mg)
  • サルフェート(0.027mg)

水分の身体外排出とバランスをとるためには、1日に1.5~2リットルぐらいの活泉水をこまめに摂るのがおすすめ。まずは、3ヶ月を目安に継続摂取してみるといいでしょう。

体に吸収されやすい

「活泉水」は粒子が細かく吸収されやすいため植物を育てると著しい成長が見られる

抗酸化力が強力

「活泉水」はアルカリ度が高く酸化(サビ)を防ぐ働きが強いマイナスイオン水。クリップなどを入れてもほとんどさびつきません。

血液さらさら効果

「活泉水」は油と混ざる珍しい水です。血管の内側に付着した脂肪を溶かし、さらさらの状態にする作用が期待できます。

桜島 活泉水を試してみたい!

購入に少し迷っているけれど、やっぱりお試しで飲んでみたい!そんな方にはキャンペーンも実施しています。ご利用ください。
桜島活泉水⇒キャンペーン実施中

38 thoughts on “大学の研究で実証された、高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水で体内の毒素を排出

  1. ピンバック: 「活泉水」で大腸ガンで繰り返す便秘と下痢が止まった | 実際に試してみた効果(レビュー)

  2. ピンバック: 活泉水で長年の不眠と便秘が解消 | 実際に試してみた効果(レビュー)

  3. ピンバック: 息子の1週間出ないのが常態化してしまった便秘が活泉水で治り私の肌もつるつるに | 実際に試してみた効果(レビュー)

  4. ピンバック: 汗をかけば脂肪もその分燃焼するか? | Q&A式形式によるマイナス5歳情報

  5. ピンバック: 水分摂取にはお茶やコーヒーではなくプレーンの真水がいい理由 | 体にいいという噂

  6. ピンバック: 老化を遅らせるための3大項目、ベスト3を実行して血管をもっと元気に | 血管はもっと若返る

  7. ピンバック: ミネラル豊富な活泉水で心筋梗塞を防ぐ | 薬を使わない食事療法(病気・症状別)

  8. ピンバック: 腸内細菌が元気になる食べ物を積極的に食べる | アレルギーは腸で治す

  9. ピンバック: 起床時の血圧上昇を防ぐ対策としてひと呼吸20秒の心臓若返り呼吸を行う | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法

  10. ピンバック: 水道水のリスク(放射性ヨウ素)は炭でセシウムには天然鉱石 ゼオライト | 便秘解消で解毒

  11. ピンバック: デトックスの基本は、1日の中でこまめに水を飲む | デトックスで代謝アップ

  12. ピンバック: 腸ストレスをリセットする食習慣 | 腸ストレスの影響と解消方法

  13. ピンバック: こまめな水分補給で尿酸を排泄 | 尿酸値を下げて痛風を治すための知識と習慣

  14. ピンバック: 桜島 活泉水で脱水から身体を守る | むくみを減らして代謝アップ

  15. ピンバック: 動脈硬化は見た目でわかる、耳たぶのシワ、まぶたのコブ、足の左右差など | 血管はもっと若返る

  16. ピンバック: 国産の超軟水一覧(硬度0~50) | 今さら聞けないミネラルウォーターの知識

  17. ピンバック: 水をたくさん飲むとダイエットできる? | デトックスで代謝アップ

  18. ピンバック: 朝食を食べないと太る理由 | デトックスで代謝アップ

  19. ピンバック: できるだけきれいな水を選ぶ | 生活防衛マニュアルと環境ホルモンについて考える

  20. ピンバック: 「脳がよいと思うモノ」が体にいいとは限らない | 腸をも若返らせる水の効果

  21. ピンバック: 体が欲している水はとても重要 | 腸をも若返らせる水の効果

  22. ピンバック: 日本で販売しているミネラルウオーターは、加熱されたモノ | 腸をも若返らせる水の効果

  23. ピンバック: 日本で販売しているミネラルウォーターは、加熱されたモノ | 腸をも若返らせる水の効果

  24. ピンバック: ミネラルウォーターの「ミネラル」って?成分量によって作用や効能、効果も変わる | 腸をも若返らせる水の効果

  25. ピンバック: ミネラルウォーターの「ミネラル」って?成分量によって作用や効能、効果も変わる | 腸をも若返らせる水の効果

  26. ピンバック: カルシウムの豊富なアルカリ性天然水が日本にある | 腸をも若返らせる水の効果

  27. ピンバック: 心筋梗塞、脳梗塞予防にもアルカリ性の水 | 腸をも若返らせる水の効果

  28. ピンバック: 水道水を飲むのをやめて「桜島 活泉水」に変えたらたったの3ヶ月でヘモグロビンA1Cが下がり、高血圧、尿路結石も改善 | 食事でもっと健康になる

  29. ピンバック: 活泉水を飲んで糖尿病と高血圧が1ヶ月で改善、少し食べ過ぎても太らない | 食事でもっと健康になる

  30. ピンバック: 飲み水を水道水からミネラルウォーターの「活泉水」にかえただけで血圧190が140に下がり、頭痛も消えた | 食事でもっと健康になる

  31. ピンバック: 血糖降下剤を使わずに糖尿病を克服できたのは活泉水のおかげ!ヘモグロビンA1Cが下がりLL体型も解消 | 食事でもっと健康になる

  32. ピンバック: 再発を繰り返す腸ポリープを「活泉水」にしたらやっと解消 | 食事でもっと健康になる

  33. ピンバック: 大事な友人(医師)が糖尿病対策に選んだものはシンプルな高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水 | 覚書

  34. ピンバック: 日本人はイワシの群れの意味 ありのままに生きることで免疫力がアップする | 腸をごきげんに

  35. ピンバック: アル中を脱する | 大酒飲みのための教科書

  36. ピンバック: 大事な友人(医師)が糖尿病対策に選んだものはシンプルな高アルカリ天然温泉水 桜島 活泉水 | mutter

  37. ピンバック: 水分摂取にはお茶やコーヒーではなくプレーンの真水がいい理由 – 体にいいという噂

  38. ピンバック: デトックスの本当のところ | 食習慣とビタミン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください